シェフのプロフィール

プロフィール

a:12338 t:2 y:2

レストラン レジェ オーナーシェフ
平野 智文    S43.8.25日生まれ AB型
2005年10月29日 レジェオープン
画像の説明画像の説明パリの3つ星レストランピエール・ガニエール氏と・・・

趣味   

スキー・バスフィッシング・水泳・食べ歩き
画像の説明画像の説明

略歴  

服部栄養専門学校卒業。
西麻布「シェ フィガロ
渋谷「ラ ロシェル
八王子「ミューゲ ブラン(Muguet en Blanc)」を経て渡仏。
パリ(Paris)「a la Bonne Table
ブルターニュ(Bretagne)「Azimut
アイン(Ain)「Les Cepages
カオール(Cahors)「Balandre
オートサヴォア(Haute-Savoie)「Ferme de l'Hospital
3年間をフランスで過ごす。
帰国後「レジェ(Leger)」をオープン(2005年10月29日)

エピソード  

幼い頃のあだ名は「野生児」近くに川があり毎日魚釣りをしたりザリガニを夢中になって採っていました。小学生の高学年になると
今度はクワガタ、カブトムシを捕りに寝ないで夜中、懐中電灯片手に朝まで野山に居ましたね。学校に行って教室で寝てました。。。
見かねた先生に教員室に連れて行かれ「ここに居なさい!!」黙ってる訳無いですよね。当時は子供の時分には珍しい「コピー機」を発見し顔を挟んで「顔面コピー」などをしてました(目をつぶった自分の顔が白黒で・・・)カブトムシなどは近くのショッピングセンターに売って、プチ商売してましたね。珍しいミヤマクワガタは1匹800円位で売れるんですよ!1日に30匹位売ったこともあり小学生にしては大金を手に・・・当時マイブームだった切手集めに投資?クワガタやカブトムシは大量に飼っていた為クワガタ泥棒にも入られました。 
中学生になると今度はバスフィッシングを始め、相模湖、津久井湖、河口湖、通いましたね〜
17歳の頃「バスプロ」になれるかも?夢はかないませんでした。高校を中退してまで、ブラックバスで食べて行く勇気は無かったですから。
進路選択の時に僕は大学進学組でしたが、仲の良い友人が料理の専門学校に行くと言うので、一緒に体験入学をしてみたところ「面白いかも」即大学に行くのは辞めにして、調理師学校入学。新学期が始まり1週間、もよりの駅までスクーターで通っていたのですが事故にあいまして全治6ヶ月の足の骨折をしましてね、卒業の時に「あいつ絶対学校やめるぜ!6ヶ月休んだら無理でょ・・・」なんて言われてた事を聞きました。入院の話もあったのですが、単位が取れないから、松葉杖ついて何ヶ月も通いました。当然調理実習も出来ませんよね、座ってましたから。学校なのでテストがあります。実技のテストでいつも座ってる僕がクラスでトップなんて誰が予想したでしょうか、自分でも信じられません、と言うより皆包丁も使え無い様な人ばかり(だから学校に通ってるんだよ・・・)小さい頃から母の作る料理を邪魔してた?ので、リンゴの皮はスイスイ、卵焼きなども簡単に作れましたからね・・・

フランス料理に入るきっかけは、調理師学校の先生のすすめで、西麻布にある「シェ フィガロ」に就職しました。学校に通いながら、10月頃から職場と学校を行き来してました。政治家や芸能人の方がよく見える店で、なんか一気に違う世界だなぁ〜なんて思ってる暇は有りませんでした。忙しいのなんのって・・・当然最初は調理場などに入る事は出来ませんからウェイターです。そこの、ホールマネージャーと合わなくて・・・いつも喧嘩ごしです。立場が弱いので我慢我慢。若いのと初めての社会人、皆苦労するんだろうけど、僕は我慢が出来なくて、オーナーに「頑張ったけど・・・限界です!!」涙ボロボロ流しながら店を飛び出してしまいました。就職してたったの3ヶ月です。誰にも言えずに、でも稼がないと生活出来ないし(目黒区で一人暮らしでした)アルバイトをして生計をたててました。あるとき、飛び出した店を紹介して下さった先生から連絡があり「どうしてるんだ〜 学校にでも来るといいよ」なんて・・・当然知ってますよね。申し訳ない気持ちで学校に行き「そうだったのか...」と言われ、謝っていると「いい話があるからどう?」青山から渋谷に「ラ ロシェル」が移り店の規模を大きくするので料理人が必要なんだけど・・・このお店は後にブレイクする鉄人坂井シェフのお店でした。ここで働き、その後地元八王子の「ミューゲ ブラン」で10年間働いていたある日フランス行きの話があり渡仏。3年間と決めて行ったので、帰国後店を始める良いきっかけになり、今日にいたります。

店名は実はあまり公表してないんですけど・・・フランスから帰国して店のオープン準備をしている頃、わりと時間が有ったので家具屋の友達の手伝いをしていて、家庭に家具を納品しに行った家の奥様が「あら、お店やるの?いいね〜どんな店?フレンチだったら軽いのがいいわね〜」なんて言ってたのが頭から離れなくて(帰国直後だったのでフランス語が パッ とよぎったんですよ。軽いはフランス語で レジェ)後は、店名候補が幾つかあり、友人に多数決でレジェが多かったので決めました(笑)
画像の説明 画像の説明 画像の説明

お店も3年が経ち徐々にお客さんも増えてきたので少し手ごたえを感じています。
生まれ育った地元八王子でお店が出来て良かったと最近つくずく思いますね。

powered by Quick Homepage Maker 3.65
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional